2017.03.16 16:20

花粉飛びまくり。

2月下旬。
嫁いだ長女のお雛様、
もう出さなくてもいいかな、
と思いつつ、
健康を願って今年も飾りました。

ただ、段や金屏風の入った箱が
長男ベッドの下にあって、
その前になにやら箱が山積になっていて、
どけるのが大変そうだったので、
小さなテーブルに赤い毛氈を敷いて、
その上にね。


旦那が出張で関西方面に行き、
買ってきてくれたお土産(兼ホワイトデー?)
170316-01.jpg
「堂島ロール」

長男がホワイトデーの仕事帰りに買ってきてくれたのは、
「雪苺姫」
2個入りだったけど、1個は既に食べてしまった。
170316-02.jpg

次男からは、まだない。

バレンタインは、
20数年ぶりくらいに市販のチョコでした。
写真も撮ってないな。


おまちかね(?)ババ様ネタ。

来月の大事なお出掛けのためスーツを新調するのに、
大騒ぎなババ様。
面倒臭くなって「着物借りようかな」
とか言い出すものの、
そのほうがはるかに面倒な事も分かっていて、
「新しい服を買えばいいじゃない?」
と言ってもらいたかったのが見え見え。

しかも買ってきた服を私に見せるために、
「ちょっと降りてきてみやー」
と上から目線で呼びつける。

スーツの下に着るブラウスを店員さんに選んでもらうのに、
お出掛けはいつですかと聞かれ、
「5月」と答え、半袖を用意されたそう。

5月じゃねーし、4月だし。
5月と4月じゃ全然気温違うし。
(結局長袖購入)
別のお店では出掛ける日を1日サバ読んで答えたそう。
「早めにしとけばいいんだ」
とか言ってたのに。
わけわからん。

靴も新調し、
「しまってあった古い靴はええヤツだから
 誰かにやる」

お高かった靴かもしれないが、
数十年前のお古の靴なんぞ
誰も欲しがりませんて。

それより下駄箱にしまってあるカビた靴たち、
巻き爪が痛くて履けないという靴たち、
捨ててから新しい靴を買いませんかねぇ?

| ひとりごと | コメント(0) | |

プライベートモード