2011.09.15 19:07

蝙蝠と書いて、コウモリと読む。
読めるけど、書けないね。うん。

昨日夕方、
長女から電話がかかってきて。

何事か!?
と思ったら、
なんと!

「トイレの前に蝙蝠が死んでる。どうしよ~~」

動く?動かない?
ホントに死んでる?
触れない。
箸などで挟めない。

ギャーアギャー
ウギャーワギャー
ヒャーヒャー

何処から入ってきたのか
ものすごく疑問なんだけど、
まずは、今の状況を何とかせねば。

どうしよう?

そうね…そうね…
母なら…

ボールとか、そういう類のものを被せてだね。
いや、ボールは良くないね。
んと…
ゴミ箱を空にして、
それを被せてだね。
下から、ダンボールか何か…下敷き…は無理ね。
厚紙を下に敷き込んで、
とりあえず、ゲット出来るでしょ。

というミッションを。

電話の向こうで、
ギャーアギャー
ギャーアギャー

雄たけびをあげながら、
ミッションを実行しているらしい。

なんとか捕獲成功。
蝙蝠を土があるところにポイして、
無事ミッション終了。

この際、
ポイしたことの是非は問わないで下さいまし。

いや、しかし、
ホントに何処から入ってきたんだろうね。
網戸も開けてないそうだし。
密閉度の高いアパートなんだけど。
換気扇かなぁ。
ググったらこんなの出てきた。

結構、野生児な長女で、
プールとかで見てた蝙蝠は平気なんだそうだよ。
しかし、
自分の部屋の中で死んだ蝙蝠は、
いろんな意味でショッキングで、
かなり厳しかったらしい。

私なら…
ああーーー
鳥肌ぁーーー

長女、レベルを上げたのう。
スポンサーサイト


| 午年の長女 | コメント(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

プライベートモード