2016.08.25 22:03

来月、姑が白内障の手術をするので、
その手術と入院についての説明を聞きに、
病院に行ってきました。

ええ、姑と一緒に。

予約時間は12:00だったのだけれど、
2時間半待ちまして。

その間、姑は検査などもあったのですが、
全て終わってもあり余る待ち時間。

ええ、疲れましたとも。


・担当医による手術説明後

「まさか自分が白内障になるとは思わんかった」
(年齢によるものだと説明あり)
(2年前にも白内障だと診断されてましたが)

退院した日にはお風呂は入れるって。
頭は洗っちゃダメなんだって。
「入院中は風呂にも入れんのか」
 (両目手術なので3泊4日。
  感染予防のため退院時まで入浴禁止だと説明あり)

手術して1ヶ月くらいしたら、
視力が安定してくるんだって、
そしたら眼鏡合わせないとね。
「眼鏡変えにゃあかんのか。
 あの眼鏡屋、代が変わってから云々(文句)」
(視力が変わるので眼鏡も変えることになりますと説明あり)
(文句があるなら他の眼鏡屋に行けばいいのです)

・検査などで院内を移動

「こんなに歩かされるとは思わんかった」
「どこに何があるか分からんな。迷子になるが」
(私が先導してますので迷子にはなりませんでした)

・入院の説明後

保証人を誰に頼むの?
「保証人がいるのか。
 妹に頼むしかないな。
 んでも、わしゃ妹の家(電車乗り換え1回)までよう行かん」
(本人が行けないなら行ける人が頼みに行くだけです)
(家に帰って早速電話し、
 「息子が書類持って行くで」と、
 勝手に話を進めていましたが、
 結局、叔母さんが来てくれるようです)

「病室?個室がいい」
(病室の説明後)
「大部屋がいい。
 個室だと気が狂う」

いろんな説明を一緒に聞いていたのですが、
ええ、本人さん、大事な事は全く聞いてません。
「はい、はい、わかりました」
と、神妙に答えるときは
「何も分かっていない」と同義語です。

やっちゃ駄目、ってことも
平気でやらかしそうです。
嫁はそこまで責任持てませんよ?

そんなこんなの姑発言に振り回され、
他にも愚痴や人の悪口なども
たっぷり聞かされて、
私のライフポイントは激しく消耗。
めっちゃ疲れましたわ。


あーーなにか美味しいもの食べたい


スポンサーサイト


| ジジババトル | コメント(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

プライベートモード