2016.06.23 22:56

数日過ぎてから書いていますが、
覚書用に投稿日を変えています。

23日(木曜日)
ついてこなくてもいい。
と言うので、
一人でタクシーで病院へ行った姑。

転んだときに一緒にいた方が
病院で待っていて、
一日付き添ってくれたそうです。

ありがとうございます。

夕方、4時ごろに帰ってきた姑。

踵に金具の入ったギブスをし、

「踵をつけば歩けるで、
 どんどん外を歩け、
 と言われた」

医療は進歩しているし、
最近は骨折もそういうもんかな?
と、ふと思ったのだけど、
チョット待てよ。
と、

踵を着けば歩ける。
と言われたのだね?
「そうだよ」

どんどん歩け、と言われたの?
「どんどん、とは言われとらん」

ほら、なんだか怪しくなってきた。

じゃぁ歩いてもいいけど、
どんどん歩けとは言われてないのね?
「そう。
 でも外に出ろって言われた」

家に引き篭ってちゃダメだよ、
って、言われたんじゃない?
「そうそう、
 ずっと家に篭っとるとボケちゃうで、
 外に出てもいいって、言われた」

つまり、
 ギブスの踵部分に金具が入っているから、
 そこをついてなら歩けるよ。
 家に引き篭ってるとボケちゃうから
 外にも出ていいよ。

ってのが、
「踵をつけば歩けるで、
 どんどん外を歩け、
 と言われた」

という脳内変換。

まぁ
篭ってボケられるよりいいんですけど。

お尻の骨も異常なし。

もし、お尻の骨が折れていた場合、
さらに大きな病院へ転院することになったらしいです。

ギブスが外れるのは2週間後の予定らしい。
「プールには、いつから行ってええか先生に聞いたら、
 2週間経ったら行っていい、って言っとった」
ホンマかいな。
またご都合主義の脳内変換なんじゃないっすか?

2週間程度なら
ギブス外してもリハビリしなくていいんかな?
右足首だけど、運転できるんかな?
そういえば、
骨折で2週間でギブスが外れるってのも「?」だし、
いや、状態にもよるだろうから一概には言えないか。

とにかく、
見事なまでの自己中な脳内変換をして、
本人の中では、それが真実となっているので、
どこまで信じていいのか分からない姑の言葉である。

正誤をハッキリさせても、
誰も損得なさそうだから、
突き詰めるのは止めましょか。

でもまぁそんな感じで、
骨を折ってもへこたれることなく、
今日も元気な姑です。

昨年の今頃は
左ひざが痛いといって、
杖をついた生活を1ヶ月ほど過ごした姑。
(検査の結果は異常なし)
そのときより数倍元気ね。
(五月蝿いともいう)
スポンサーサイト


| ジジババトル | コメント(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

プライベートモード