2016.02.04 11:27

宅配業者から電話がかかってきて、
「送った荷物が壊れていたそうで…
 中身はお菓子だと思うんですけど…」
と言うので、
なんのことやら?
と思いつつ、
誰が誰に送った荷物ですか?
と問うたら、
姑が叔母に送った荷物の事らしく。

「送った本人にかわります」
と姑に電話交代。

でかい声でのクレームが丸聞こえ。

どんな状態のものをどんな風に梱包して送ったのか、
全く分かりませんが。

とにかく姑の剣幕が五月蝿い。
もうクレーマーの域。
関係のない私までブルーにさせる勢いな罵声。

事情はよく分からんし、
配達途中で壊れたなら宅配業者の責任だろうけど。

でも、
通販などで買ったものが壊れていたら、
販売業者に連絡するけど、
知人が好意で送ってくれたものが壊れていても、
直接相手に「壊れていたよ」とは
私は言わないだろうなぁ
自分が宅配業者に連絡すればいいことじゃない。
好意で送った相手を煩わせる事はしないだろうなぁ

と、昔、
新婚の弟にクリスマスリースを送ったとき、
弟から「ありがとう」じゃなくて
「壊れてた」と連絡があったのを思い出した。
以来、
弟にはちょっとした心遣いでの贈り物はせずにおこうと思った。
世の中には、
わざわざ指摘せずに、
黙っていればいいことってのもあるもんだ。


「弁償しろとかそういうことじゃない」
「こんなことでいいと思っとるんか」
「これからしっかり大事に運んでくれんと
 もうあんたんとこには頼めん」
と、
さも相手の今後を思って注意をしているようでいて、
さんざん口汚く罵った後では、
クレーマーやパワハラと変わらんよ、姑。
八つ当たり。

今頃、この一件を武勇伝のごとく自慢げに友達に話してるんだろうな。
スポンサーサイト


| ひとりごと | コメント(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

プライベートモード