2016.01.17 17:33

検査当日の覚書のようなものですが、
シモの話がメインなので、
嫌な方は読まないでくださいね。





9時少し前に医者に到着後、
受付して、
説明聞いて、
まずは
腸の活動を活発にする薬2錠飲んで、
30分後の9:30から、
下剤開始。
1時間で1リットルのペースで。

全部で2リットル。
しょっぱいポカリのような味。
一気に飲んではいけないので、
不味くて丁度いいのかも。

待機室でご一緒になった下剤仲間は
男性2人、女性1人。
私を含め4人。

個室のインターネットブースもあって、
そちらに一人。

時間つぶしにネットもいいけど、
まぁ気が向いたら移動しよう。
くらいに思ってて。

結局は、
テレビ見たり、
お仲間と世間話などして、
励まし合いながら、
すごしました。

そこで得た情報は、
「大病院だと検査に研修医が当たる事があって、
 ものすごく痛かった」
「ここは専門の先生だけだし、
 全身麻酔だから起きたら終わってる」

1時間後(10:30)、1リットル飲んだところで
最初に飲んだ腸の動きを活発にする薬を再び飲んで、
30分休憩。

その頃には
みなさん無口に…
暇つぶし用に
スマホにゲームをダウンロードしていったので、
それで遊びながら下剤飲んでトイレ行っての繰り返し。

残留物がなくなるまで
下剤を飲まねばならぬ。

再び下剤開始(11:00)。
その間に、問診。

残留物がなくなったと思ったところで、
ナースコールを押して、
確認してもらうのですが、
2リットル飲みきる手前で
私は終了。
そこまでで7回のトイレ。

お仲間の中で下剤終了OKが出たのは2番目でした。
ネット個室の方が一番最初だったけど。

OKが出た順に検査を受けます。

腸の泡を消す薬を飲んで
検査開始まで1時間半ほどあったかな。

指定された時間(13:30)までに検査着に着替えて、
(13:45)呼ばれて検査室に入って、
横になって血圧測って、
鎮静剤打たれて。
看護士さんが問診内容を確認している声までは
覚えてる。


目が覚めたら
目の前にナースコールボタンが置いてありました。
でも眠くて2度寝。

次に目が覚めてからナースコールを押して。

ふらつくことなく歩けました。

着替えて(15:45)検査後の説明を看護士さんから受けて、
16:00からの診察を待ちます。

2時間くらい寝てたのかな。

結果は
病変もポリープもなく、
異常なし。
検査後の食事制限もなし。

粘膜切除や、ポリープを取ったりすると、
3日~1週間の運動や食事制限(刺激物や暴飲暴食)があります。

 検査日を決めるときに
 「1週間以内にお食事会など予定がない日がいいですよ」
 と言われてました。

麻酔の影響があるからと、
車の運転は禁止されていたので、
電車で来たのですが、
帰りは不安もあってタクシーを使いました。
タクシー乗り場まで徒歩5分。
途中のコンビニでサンドイッチ買って(16:40)。
タクシーの運転手に許可貰って、
中で食べました。

家の近くまでで3520円。

家に帰ったのは5時くらいだったかな。
「夕飯は各自調達されたし」のメールを家族に送って、
洗濯物取り込んだり、諸々済ませて、
カップ麺食べて横になってました。

起きたのは長男が帰ってきた7時半ごろ。

本調子ではなかったので、
早めに寝て
怒涛の検査一日が終わりました。

次の日は、
結果が何もなかった事もあってか、
妙にテンション高く
自分でも五月蝿いと思うほど子供たちに絡んだりしてましたよ。

夜中のめまいと意識喪失がなければ、
大腸内視鏡検査も
うん…まぁ…そうね…平気…かな…

しばらくは勘弁して欲しいけど。
スポンサーサイト


| ひとりごと | コメント(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

プライベートモード