2015.06.29 17:11

義母もかなりの暴言吐きなのですが、
旦那も、そう。

頭に浮かんだ言葉を
デリカシーというか、
配慮というフィルターを通さずに、
そのまま口に出す。

本人は「悪い」とは思っていないので、
覚えていないし、
相手の気分を損ねたことにも気づかない。

それどころか、
気にするほうが悪い。
などと逆ギレすることもある。

もちろん
意図して意地悪なことを言うときもある。

ということで、
軽くご立腹中なわけです。

ねぇ、
冗談のつもりでも
相手が不快になったら冗談じゃ済ませれないのよ?
ねぇ、
自分が笑えても、
相手ははらわた煮えくり返ってるのよ?
ねぇ、
自分が笑うためだけに、
どうしてそんなことを平気で言えるわけ?

ま、
30年分の悪態を覚えてる私もどうかと思うけどね。
最近は具体的な言葉を覚えてはいないけど、
不快になったことは心に残っちゃうのよねー

とりあえず今は、
「化粧が濃い」と言われたことに傷ついております。

アイシャドーもアイラインもチークも塗らないのに。
そうねー30までは化粧するな、とか平気で言ってた人だもんねー
ファンデ塗るだけで「濃い」ってなっちゃうわねー

あー腹立つーーー
スポンサーサイト


| ひとりごと | コメント(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

プライベートモード