2014.07.26 11:17

先週木曜の夜、電話があって。
姑の姉が亡くなったとの知らせ。

96歳。大往生なんじゃないかな。

さて、ここからが大変。
なにせ故郷は宮崎。
飛行機は1日3便。

「今日の明日じゃ仕度が大変。
 土曜の昼の便で行く」
と言うので土曜の飛行機を予約して。

夜が明けて金曜の朝。
予定は変わらず
「土曜に行く」
「今日は遊びに行く」

と言って出掛けたと思ったら、
1時間もしないうちに帰ってきて、
「やっぱり今日行く」
「昼の飛行機取れるか?」

取れた。

最寄駅から出ている空港行きバスは本数が少なくて、
飛行機に間に合わないから、
本線駅まで電車で出ればバスあるから。
と伝えて。

バタバタと準備して出掛けて行きました。

が、
部屋は泥棒が入ったかのような
散らかりっぷり。

脱ぎっぱなしの服。
開けっ放しの押入れと天袋。
洗っていない洗濯物の山。
洗っていない食器。
飲みかけのお茶。

呆れつつ、
それらを簡単に片付けて。

「空港に着いた」
「バス、わかった?乗れた?」
「分かった。乗れた」

これ、嘘だったんですけどね。
本当はタクシーで行ったと、
帰ってきてから聞かされる。

その後、
特に連絡のないまま1週間。

一昨日、
「明日帰る」

で、昨日帰って来ました。

ま、その後、
愚痴のオンパレードを聞かされるわけですが。

あ、私が書いてることも
愚痴のオンパレードか(苦笑)

慌てて出掛けたので、
「化粧品忘れた」
「薬も忘れた」
「喪服も忘れた」

おーい、何しに行ったんだ?

宿泊でお世話になった姉妹宅でも、
いろいろやらかしてきて、
話を聞いてる限りでは、
迷惑かけているのは姑のほうなのに、
姉妹や甥嫁の文句ばかり。

これだから一緒に出掛けたくはないのよーーー

1週間、静かだった我が家ですが、
また五月蝿くなりました。
スポンサーサイト


| ひとりごと | コメント(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

プライベートモード