2017.02.09 21:44

短い2月が1/3以上過ぎてしまいました。

寒い。

旦那がインフルエンザA型と診断されたのは、
1月28日の日曜日でした。
(前記事のズボン漂白事件の翌日)
(今にして思えば、
 調子悪かったから
 バアサンに文句を言う気力も無かったと推測される)

前夜から明らかに調子悪そうで、
朝(日曜)になってもアカンようなら
休日当番医に行くように話してはいたものの、
その日の当番医は皮膚科で。
行ったもののインフルの検査は出来ないからと、
隣市の休日診療所(保健センター)に行くように言われ、
検査&リレンザを処方されて帰ってきました。

しばらくの隔離生活。

旦那が治ってそろそろ復帰しようかという水曜夜、
熱はないものの絶不調になった私。
寝付けないほど、しんどい・・・
だるくて布団の中で暴れまくる。

木曜に医者に行き検査。
(旦那に連れて行ってもらった)
うつってた・・・
インフルエンザA型。

なんの根拠もなく
私はインフルエンザには罹らないと思ってたのに。

予防接種のおかげか、
熱は高くても37.8度程度なのだけど、
だるいわしんどいわつらいわ。
木曜金曜と記憶の薄い日が過ぎて。

少し楽になってきたら、
隔離部屋でテレビとゲーム三昧だぁ
基本、部屋から出れないから
上げ膳据え膳だぁ
と思ったものの、
土曜も長く起きているのは辛い。
食欲も無い。

日曜になってやっと、
テレビ三昧。
年末年始の録画番組消化だぜい。

食事は家族には各自調達令を出し、
一番帰りの早い長男に
コンビニでサンドイッチや飲み物を買ってきてもらったり、
土日には旦那に調達してもらったり。

バアサンには風呂掃除を頼み、
2階に上がってくるとうつるぞ、
と旦那が脅しをかけた。

とにかく熱が出ないので、
いつから解禁されるのかあやふやで。
発病から5日過ぎた後、
水曜には既に不調だったので月曜から解禁となりました。

そんな監禁生活の間に、
節分は過ぎるし
(恵方巻き作る準備してあったのに)
自分の誕生日も過ぎるし。

なんだかバッタバタだったなぁ

そんな今日は結婚記念日。
お祝いメニューもプレゼントも何もないよ。

続きを読む



スポンサーサイト

| ひとりごと | コメント(0) | |

プライベートモード