2016.04.18 17:02

先週、
長女から無事入籍したとの知らせがありました。

式はあげるつもりではいるものの、
まだ何も計画が立っていない状態なようで。

「ここであげるといいんじゃない?」
「あそこの式場がいいんじゃない?」
など、
本人たち以外の夢が膨らんでいるようです。

お祝い事に
周りの方々も喜んでいらっしゃるようで、
ありがたいことです。

でもね、
幾らか資金援助してもらったりする事があっても
基本的に自分達でお金貯めて、
自分達で計画進めて行うならば、
自分達がやりたいようにやるといいと思うよ。


スポンサーサイト

| 午年の長女 | コメント(2) | |

2016.04.17 17:30

震災に遭われた方が読んでいるかどうかは分かりませんが、
親戚、友人、知人が
災難に遭われている方もいらっしゃるかもしれません。
お見舞い申し上げます。

どうか一日も早い平穏な日々が戻りますように。

出来ることはないかなぁ
と、
NETで貯め込んであったポイントを寄付にポチっと。

私が住んでいるところは
南海トラフ地震が起きれば、
大きな災害をうけるであろう地域でもあり、
他人事ではありません。

まずは倒壊しそうな家から生き延びることが最優先。
(倒壊を防ぐ手立てをしろよ、ってことですが)

その上で出来る限りの備えをしておきたいですが、
今ある備蓄じゃ足りない。
でも購入するのは
被災地への物資の流通が落ち着いてからがいいかな。




| ひとりごと | コメント(0) | |

2016.04.13 16:53

遊び疲れが出たのか、
少しばかり体調よろしからず。

私にしては珍しく早い動きで
昨日、医者に行ってきました。

検査をして、
薬を貰い、
なんとなく落ち着いてきたところ。

そうなると
検査結果を聞きにいくのが面倒よね。

いや、
ちゃんと行くけど。

| ひとりごと | コメント(0) | |

2016.04.10 18:06

4月8日 金曜日。
平日に休み。
休日なら混んでいて敬遠している観光地にと、
金沢に行ってきました。

以前テレビで見たとき、
海鮮丼が美味しそうだったので、
近江町市場にある
廻る近江町市場寿しで、

大名丼、
160408-02.jpg
と、
おまかせ丼。
うーん・・・
期待値のハードル上げすぎたか…

近江町市場内では
いろんなお店の店頭で
200~500円ほどの食べきりサイズ皿がありまして、
160408-03.jpg
ガスエビ。
他に、
うなぎの肝串などをいただきましたが、
今回は丼を食べた後なので、
食べたいけど、おなかがいっぱい状態。

ご飯は後回しにして、
あちこち立ち寄って、
いろんな種類のものを食べてみるのもいいかも。
カニを売っているお店の客引きが
函館の市場と一緒だったよ。
結構強引。

金沢と言えば、
160408-04.jpg
兼六園。
観桜期ということで
入場料無料でした。

兼六園の隣にある金沢城公園。
いや、
金沢城があって兼六園があるんだけど。
石垣巡りコースを歩くと、
桜が咲いている場所が多いので、
この時期はいいかも。
結構歩くけど。
160408-05.jpg

160408-06.jpg

160408-07.jpg
桜とおっちゃん(旦那)
二の丸北面石垣。
160408-08.jpg
菱櫓から城下を望む。

160408-09.jpg
戌亥櫓跡から見た五十間長屋と菱櫓。

3時ごろ、
金沢城公園を出ると、
周辺は観光客でいっぱいになってました。
主にアジア系外国人。

160408-10.jpg
兼六園に戻って、
茶店でお抹茶をいただく。
お菓子は金沢土産では定番らしい「あんころ餅」

今回のお土産。
160408-11.jpg
左上から、
「青さ海苔の佃煮」
越中富山「幸のこわけ」の「おむすび黒とろろ」と
「おむすび白とろろ」、
「ほたるいかの素干し」
「永谷園 北陸限定 大人のふりかけ」
左下
「北陸のふりかけ」
加賀八幡起上もなか

金沢より道中のSAで買った富山のもののほうが多いね。

| ひとりごと | コメント(0) | |

2016.04.04 20:35

寝違えか、
それとも五十肩か?

左肩から首にかけて痛いのです。

前にもあったような
激痛とは違っていて、
寝違えに近い感じ。
でも、長引いていて。

ここから頭痛にもなったり。

なにごとも回復までに時間が掛かりますのよ(泣)




| ひとりごと | コメント(0) | |

2016.04.03 16:30

さて、三日目の26日、土曜日。

今回の新潟訪問の最大の目的、
長女の結婚相手のご両親とお会いする事。

思えば7年前、
新潟の大学に進学し、
昨年、新潟で就職し、
今年、新潟に嫁ぎます。

7年、離れて暮らし、
娘が嫁ぐからと言って、
私自身の生活には大きな変化は何もないのだけれど、
なんだろうね?この胸の虚無感は。

ご両親と一緒に暮らすし、
遠い地で時間的な問題もあって難しいのも事実で、
花嫁道具など何も用意していないのだけど。

一緒に家具や家電を選んだり、
仕度する為に出掛けたりすることもなかったんだな。
とか、
送り出すまでの日々を
しみじみとバタバタと過ごす、
なんてーこともなかったな。
などなど、
今になってから思ったり。

まぁ本人は
あっさり、さっぱりした様子で。
まぁ私も嫁ぐときは、
そんなもんだったんだよなぁ、
と思い返したり。

喜びよりも
不安や心配が大きいのは
親ならば仕方ない事なのでしょうか。

まもなく娘も暮らす婿君のお宅にもお邪魔して、
同居している爺ちゃん婆ちゃんにもお会いして。

そのときに、
娘がお茶を運んで出してくれたときに、
ああ、よそのうちの人になっちゃうんだ…
と、軽い衝撃。

ただただ
「よろしくお願いします」
と言うばかりでしたが、
どうか、どうか、
幸せになりますように。

いろんな出来事が起こって、
いろんな感情に悩まされたりする事も多々あって、
辛かったり怒ったり悔しかったり悲しかったりすることも
あるかもしれないけれど。
それ以上の
喜んだり、嬉しかったり、楽しかったり、安心したり、
笑ったり、笑ったり、笑ったり、笑ったりが、
多くありますように。

お互いが思いやりを持って、
話し合って、
助け合って、
我慢しあって、
想いあって、
いたわりあって、
認め合って、

どうか、どうか、
幸せになりますように。

などという話しを直接することもなく(苦笑)
帰ってきてしまったわけですが。

今、心残りは、
帰るときにハグすればよかった!

今度、娘に会ったら、
思い切りギューっとハグしてやる!
逃げるなよ(笑)

出来婚ではありませんが、
お式は1年後くらいの予定らしいです。

日程が決まったらすぐに教えておくれ。
私は髪を切ったり梳いちゃうとアップにしにくいでのう。
(現実的なお話)
ダイエットもしたいし。
(ムリ?)

娘と暮らした時間よりも
娘が新しい家族と暮らした歳月が長くなった頃には、
こんなに切ない気持ちだった事も忘れてしまうのかな?


| 午年の長女 | コメント(8) | |

プライベートモード